入試の出題範囲は

高校数学の範囲は、十年に一度くらいの頻度で改訂されています。微分方程式、複素平面、行列と一次変換等、年度によって範囲に含まれたり含まれなかったりする分野があります。

京都大学では、高校数学の範囲で解くことが可能な問題が出題されます。ただし高校の標準的な履修状況までは考慮されません。一般的な文系コースで履修しない分野が出題範囲となる可能性があります。また高校数学範囲外の知識を用いるとエレガントに解ける場合もあります。

Leave a Reply